現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

  • VINTAGE

Fender Jazz Master

販売価格(税込):
1,540,000
関連カテゴリ:
ギター
1959年製フェンダー・ジャズマスター!マスターピースのひとつ。

50年代、テレキャスター、ストラトキャスターの相次ぐスマッシュヒットにより、ギター業界にソリッド・エレクトリックのイノベーションを引き起こしたフェンダー社。
西海岸ローカルからスタートした会社は、たちまち全米へ、主にカントリーのミュージシャンを中心に急速に広がっていきました。
ところが東海岸の、とりわけジャズ系のギタリスト達は、依然として古参のギブソン社のギターを使い続けていました。テレキャスターで生まれた新ジャンルであった、ソリッド・ギターでさえ、レスポール・モデルが選ばれてしまう始末。
レオ・フェンダーの心中は穏やかではなく、次期ニューモデルのターゲットはジャズ・ギタリストに絞られました。

…といった背景のもとに生まれたジャズマスター。座奏の際のバランスの改良と、ローズウッド(ハカランダ)指板の導入。よりジャズ向きの電装、プリセット・トーンの搭載。シールドの徹底。滑らかで弦高の変わらないトレモロの搭載、等が目玉です。サンバーストも赤を加えて、より重厚感、高級感を醸し出しています。どれも全国区になる為には必要な進化でした。

で、本機ですが、58年発表の同期の2年目の個体ですが、思わず歴史を語りたくなるほどの美品。
ボディは全体に縦方向のウェザーチェックが入っておりますが、退色の少ない非常に良好なコンディション。
ネック裏は痛みの進行抑制のためのオーバースプレーの可能性がなくはないものの、可能な限りのオリジナルコンディションが維持出来ています。ただし、フレットは、低い部分は実測で 0.4mm 程度と低く、7.25 の指板Rとともに、現代的な奏法にはキビしいかもしれません。しかし、軽く爪弾くだけでも感じる素晴らしさ…良い楽器です。

結果的にジャズのマーケットの奪取には成功しなかったわけですが、サーフミュージックという新ジャンルの創設に多大な貢献したジャズマスター、新しい音楽が誕生してしまうほどにイノベーティブであったことは間違いありません。

感涙もののツイードケース付属。
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。