現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

  • NEW
  • オススメ

Tsubasa Guitar Workshop the HOPPER

販売価格(税込):
330,000
関連カテゴリ:
ベース
2ヶ月ほど、試奏期間を設けており、各方面で御好評をいただいております。Tsubasa のベースですが、そろそろ販売の方へとシフトしようという事で、外観をリニューアル致しました。
白3P のピックガードを、新規に設計されたオリジナルのアノダイズドガードとなり、生まれ変わりました。
本機はシルバー。サウンドのイメージにぴったりの超クールな装いです。最高のマッチング、これはもう決めるしかありませんね!

新規の取扱いになりましたブランド、TSUBASA Guitar Workshop のご案内です。
Fullertone Guitars の製作者としてお馴染みの、田中千秋氏のプライベート・ブランドであります。
フラートーンにつきましては、過去11年、側で見ておりましても質、量ともに確か以上の実績を上げており、その成功に勇気付けられた個人製作家も多かったと思います。TSUBASA はそんな中での新たな一歩ですので、それに携われた当店も大変に光栄に思う新ブランドの船出になります。

本機につきましては市場販売1号機としての位置付もありますが、本機を踏まえてのオーダー・サンプルとお考え頂いても良い性格を持っています。
つまり、TSUBASA としては、もっともニュートラルな仕上がりになっており、今後展開していくであろうブランドの何たるか、を体現した楽器といえるものであります。

本機は "the HOPPER" と名付けられました。
ジャズベース・シェイプをもつ、この楽器は、田中氏によれば「飛び跳ねたくなるような躍動感あるベースサウンド」とのことです。
ジャズベ・シェイプとはいえ、よく見るとディンギーまではいかないけれど、各部若干小ぶりになっていて、結果、フルサイズのJBよりも軽量に仕上がっています。PB との重量差でJBを嫌っている方にお勧めできるJBになっています。

細過ぎない「丸グリップ」のネックと、本機はインディアン.ローズ 指板ですが、メイプル指板も選べます。
また指板は円錐形状で、9.0"-12.0"、34インチ・スケールです。フレットはJescar#47095、21F。
よくある「ツバ出し」の21フレットではなく、専用設計ならではの「ちゃんとネックもある」21フレットです。
ボディは本機はアルダー2P。ブリッジはスパイラル形状ですが、特注のメッキが施されたものです。
フラートーンはリンディ・フレーリン PU が標準装備でしたが、TSUBASA では、田中氏のオリジナルになりました。
ここは、大きな違いになります。リンディよりも、高域を若干伸ばし、直流抵抗を大きくしているのがポイントと思われます。結果、所謂ヴィンテージ・スタイルよりも、ワイドレンジに仕上がっていますが、嫌味な感じは一切なく、大変収まりが良いサウンドを実現しています。この JJ PU は、TJB1 と命名され F8.5kΩ、R9.0kΩ のスペックを持ちます。

そしてTUBASA ならではの特徴を幾つかお知らせしますと、
1)お待たせしない納期。オーダー後、2〜3ヶ月で納品かのうです。オール・ラッカー塗装のメーカーとしては、驚異的なスピードと言えます。
2)1本ものからの色指定可!カラーサンプルなどがございましたら、色調可能です。あなたのお好みの仕上がりに!
3)レリック加工無料!ライト・タイプとヘヴィ・タイプ、どちらもアップ・チャージ無しで、対応可能です。

上記のどれも既存のブランドでは、実現しにくいものばかりです。
それが、税別価格で30万円を切るところからスタート出来ます!
この一本をお求めいただいても、勿論ハッピーになれますが、本機を弾いて気に入っていただけたら、更に自分好みの楽器へと近づけるチャンスでもあります。
クオリティが落ちる懸念はありません。何故なら TSUBASA は、ネックからボディ、PU からフィニッシュまで、全て田中氏がコントロールしているからです。外注は全くなく、純然たる市販品は、もはや Gotoh の糸巻きくらいになります。
このクオリティがこの価格で入手出来るのは、ちょっと常識外です。
「コスパが良い」という表現には、あたりません。それは、「安かろう、悪くなかろう」だからです。

TSUBASA Guitar Workshop は、最高のクオリティを提供してくれる表現者に寄り添った新ブランドです。
コロナ禍の現在、最も勇気付けられる楽器を供給してくれます。

ツイード表皮のオリジナル・デザインのバッグ付属。
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。